森部 昌広(もりべ まさひろ)

森部塾塾長
出身地 福岡県


  • ・(一社)全日本コンディショニングコーチ協会 (NCCA)代表理事
  • ・九州共立大学 総合研究所 副所長
  • ・九州共立大学 経済学部 経済・経営学科 特別客員准教授 スポーツビジネスコース主任
  • ・博多心臓血管病院メディカルフィットネス顧問

健康づくり、体力づくり、スポーツ支援を核として広く活動。
九州共立大学ではスポーツビジネスに関するマーケティングとマネジメントを、九州大学と近畿大学では体育とスポーツを指導。
主体は一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会(NCCA)理事長。
この法人は「職業的に本分野に関わって行ける人材の育成と資格認定、および取得者に対するフォロー」を行っている。
また、TOTAL CONDITIONING GYM GETをFC展開中の株式会社オールでは創業社長として15年間を乗り越え、後継者へバトンタッチ。
現在、株式会社ゲットに社名変更し、ジム内にて『森部塾』のネーミングでJr.のメンタル&フィジカルトレーニング指導を担当し、好評拡大中。
その背景として、2014年4月からは一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事として、九州支部を担当し、トップアスリートのセカンドキャリア支援にも邁進。

【個人の部】
大塚晶則(第1回WBC胴上げ投手・近鉄→中日→パドレス→レンジャーズ)/穂高ゆう(元宝ジェンヌ・フリータレント)/石橋顕(ヨット49er級北京オリンピック日本代表・アテネオリンピックを目指すスペシャルチームメンバーとしてトレーニングとコンディショニングを 担当)/ 山田伸子(スピードスケートショートトラック日本代表選手として4度オリンピック出場のコンディショニングを担当)/帆足勉(エアロビクスチャンピオン)/豊岡弘(元競輪選手・日本競輪学校ゴールデンキャップ獲得者)/富岡鉄平(不屈のCTB東芝ブレイブルーパスキャプテンとして日本一を経験・福岡工業大学ラグビー部員時代の膝前十字靭帯損傷治療後のアスレチックリハビリテーションから担当)/小南佐知子(マスターズ陸上80mH元 日本チャンピオン)/高橋秀聡(福岡ソフトバンクホークス・九州共立大学在学中からトレーニングとコンディショニングを担当)/太田優士(スーパーフェザー級8回戦プロボクサー)・・・他
■実業団の部:旭鋼管工業株式会社軟式野球部(2014年長崎国体優勝)/九州三菱自動車硬式野球部(埼玉西武ライオンズ→福岡ソフトバンクホークスの帆足和幸投手・東北楽天イーグルスの有銘兼久投手も指導)/新日鐵堺ブレイザース(当時真鍋政義監督)/福岡県警柔道部/九州電力男子バレー部/東芝ソフトボール部/府中アスレチックフットボールクラブ(フットサル)・・・他
【実業団の部】
旭鋼管工業株式会社軟式野球部(2014年長崎国体優勝)/九州三菱自動車硬式野球部(埼玉西武ライオンズ→福岡ソフトバンクホークスの帆足和幸投手・東北楽天イーグルスの有銘兼久投手も指導)/新日鐵堺ブレイザース(当時真鍋政義監督)/福岡県警柔道部/九州電力男子バレー部/東芝ソフトボール部/府中アスレチックフットボールクラブ(フットサル)・・・他
【大学の部】
九州大学アメリカンフットボール部・硬式野球部・柔道部/西南大学アメリカンフットボール部/九州共立大学アメリカンフットボール部・ラグビー部・サッカー部・硬式野球部・バスケット部・レスリング部/九州国際大学ウエイトリフティング部/福岡工業大学硬式野球部・ラグビー部/福岡大学ソフトボール部・ウエイトリフティング部・サッカー部/富山大学アメリカンフットボール部/大阪市立大学硬式野球部・・・他
【高校の部】
神奈川桐蔭学園硬式野球部/静岡聖光学院高校ラグビー部/岐阜県立岐阜工業高校硬式野球部・ラグビー部/岐阜県立大垣西高校硬式野球部/中京大学中京高校硬式野球部/三重県立菰野高校硬式野球部/三重県立四日市農芸高校ラグビー部/三重県立四日市工業高校ラグビー部/ 福井県立丹生高校ホッケー部・硬式野球部/敦賀気比高校テニス部・陸上競技部/福岡県立北九州高校女子バレー部・サッカー部・硬式野球部・剣道部/福岡県立小倉東高校硬式野球部/福岡県立東筑高校ラグビー部・硬式野球部/自由ヶ丘高校女子バスケット部・硬式野球部/八幡西高校男子バレー部/小倉商業高校レスリング部/折尾愛真高校剣道部/福岡県立宗像高校ラグビー部/福岡県立嘉穂高校硬式野球部/福岡県立稲築志耕す館高校体育コース/福岡県立筑紫丘高校ラグビー部・硬式野球部/九産大付属九州高校男子ソフトボール部・女子バレー部/福大付属大濠高校バスケット部・バレー部/中村学園女子高校バスケット部/九州女子高校バスケット部/東福岡高校サッカー部/福岡第一高校サッカー部/筑陽学園高校サッカー部・硬式野球部/福岡県立武蔵台高校サッカー部/筑紫台高校硬式野球部/中村学園三陽高校ラグビー部・ヨット部/福岡県立朝倉高校柔道部・剣道部・硬式野球部・サッカー部・バレー部/福岡県立三井高校柔道部/福岡県立三潴高校カヌー部・サッカー部/福岡県立明善高校ラグビー部/久工大付属久留米工業高校自転車競技部・ハンドボール部/不知火女子高校女子バレー部・誠修高校女子バレー部/柳川高校テニス部・バスケット部/福岡県立大牟田北高校剣道部・バスケット部/佐賀県立厳木高校硬式野球部/佐賀県立佐賀北高校陸上競技部・女子バレー部/佐賀県立佐賀工業高校ラグビー部/長崎海星高校硬式野球部/長崎南山高校硬式野球部・ラグビー部/熊本市立商業高校硬式野球部/大分県立大分南高校空手部/大分県立日出陽谷高校自転車競技部/柳ヶ浦高校硬式野球部・サッカー部/鹿児島県立鹿児島南高校女子バレー部/沖縄県立コザ高校ラグビー部/沖縄県立那覇商業高校水球部/沖縄県立石川高校硬式野球部/沖縄県立北谷高校男子バスケット部/沖縄県立中部工業バスケット部/沖縄県立中部商業高校女子バレー部/沖縄県立西原高校男子バレー部/・・・他多数

『ポジトレ(R)』とは「ポジティブトレーニング」のこと。
「健全な魂は健全な肉体に宿る」や「仏作って魂入れず」と言う言葉があります。どちらも「心と体は不可分の存在である」ことを示唆する教えですね。
フィジカルとメンタルは不可分なものですから、少しずつバランスを考慮しながらレベルアップするのが一番良いに決まっています。しかし、言うは易く行うは難し、ですよね。
そのお手伝いを「肉体改造+動き上達」の独自メソッドによって少しずつではありますが、自然な流れで確実に達成して来たと自負しています。その経験を『ポジトレ(R)』というメソッドに集約することにしました。
「運動(ワークアウト)による体づくり」、「栄養(食事・サプリメント)による体づくり」、「調整(ボディメンテナンス・ストレッチ等)による体づくり」を過不足なく進めながら、同時に健全な思考の習慣化をも行っていきます。それが『ポジトレ(R)』なのです。

昨今のボディメイクブームで年齢性別を問わず、パーソナルトレーナーに指導を受ける方が増えてきています。それ自体は悪いことではないのですが、中には経験の乏しい方や勉強不足で偏った知識や技術のままで指導している方も多いのが実状です。しかし、人それぞれ生活習慣から食習慣、筋線維タイプ特性、体型特性(ソマトタイプ)…等々、何から何まで違うことばかりと言っても過言ではありません。それで、個人に応じたプログラムを作成して、随時最適化していかなくてはならないのです。このプログラムではメールサポートによりそれが可能となっています。

トレーニングの習慣は毎日行うことに勝るものはありません。その代わり、短時間でなければなかなか習慣的に実践することは困難です。このプログラムでは、自分の都合に応じて時間を決めることができます。固定的なプログラムが優先されるのではなく、あなたが実際に毎日実践することが可能な最低限の時間と時間帯を設定することでスタートとなります。だから継続が可能なのです。

トレーニングの習慣は毎日行うことに勝るものはありません。その代わり、短時間でなければなかなか習慣的に実践することは困難です。このプログラムでは、自分の都合に応じて時間を決めることができます。固定的なプログラムが優先されるのではなく、あなたが実際に毎日実践することが可能な最低限の時間と時間帯を設定することでスタートとなります。だから継続が可能なのです。

毎日行う上で優先したいエクササイズを厳選していますので、安心して取り組んでください。万一実施困難なエクササイズや効果を感じられないようなエクササイズがあれば、メールサポートにより修正を加えますので、完全にあなたに適合したプログラムに近付きます。上半身、下半身、体幹部、腕、太もものように絞り込んでトレーニングすることで効果を感じやすくなります。

通常、この手の商材は売りっ放しで何のフォローもないのが普通です。これに対して本プログラムでは、監修者の私が中心となって専属トレーナーの三名がサポート体制を敷いています。安心してメールにてご質問やご相談をお寄せください。
◆メールサポート/回数制限;無制限/対応可能期間;90日間

通常、この手の商材は売りっ放しで何のフォローもないのが普通です。これに対して本プログラムでは、監修者の私が中心となって専属トレーナーの三名がサポート体制を敷いています。安心してメールにてご質問やご相談をお寄せください。
◆メールサポート/回数制限;無制限/対応可能期間;90日間

身体と心のスペシャリスト、 カリスマBODYトレーナー兼講師
森部塾塾長

森部 昌広
MASAHIRO MORIBE

健康づくり、体力づくり、スポーツ支援を核として広く活動。九州共立大学ではスポーツビジネスに関するマーケティングとマネジメントを、九州大学と近畿大学では体育とスポーツを指導。主体は一般社団法人全日本コンディショニングコーチ協会(NCCA)理事長。この法人は「職業的に本分野に関わって行ける人材の育成と資格認定、および取得者に対するフォロー」を行っている。
また、TOTAL CONDITIONING GYM GETをFC展開中の株式会社オールでは創業社長として15年間を乗り越え、後継者へバトンタッチ。現在、株式会社ゲットに社名変更し、ジム内にて『森部塾』のネーミングでJr.のメンタル&フィジカルトレーニング指導を担当し、好評拡大中。その背景として、2014年4月からは一般社団法人日本メンタルトレーナー協会理事として、九州支部を担当し、トップアスリートのセカンドキャリア支援にも邁進。



【スポーツ指導実績】
野球、バレーボール、柔道、アメリカンフットボール、ラグビー、バスケットボール、サッカー、レスリング、ソフトボール、フットサル、ウエイトリフティング、ボクシング、 スケート、ヨット、競輪、 エアロビクス、陸上競技、テニス、ホッケー、剣道、 カヌー、水泳、空手、ハンドボール、宝ジェ ンヌ個別指導他

Q.本当に短時間でも効果があるのですか?
A.実感いただけると思います。ただし、ある程度の強度とそれを刺激として体が認識する程度の持続時間あるいはセット数や反復回数はどうしても必要です。それに継続ですね。最も確実なことは、毎日短時間でも構わないので、ある程度きつい種目を実施することです。毎日行わないことは習慣とは呼びませんので、そこを大事にしてください。それからもちろん、慣れたら少しずつ延長したり、セット数や種目数を増やすことです。時間的、体力的余裕がある場合には積極的に取り組んでください。
Q.食事制限の必要はありませんか?
A.ありません。もちろん、個人差はあるので食事の内容や取り方に改善すべき点があるなら改善すべきです。そのためのサポートも行います。大事なことは運動不足の習慣を断ち切り、短時間でも有効なある程度の運動強度を持った運動の実践を習慣化することです。一方で運動実践と食事改善を組み合わせると相乗効果を発揮するのも厳然たる事実です。本気で食事の改善にも取り組まれるのでしたらスタッフ一同しっかりとサポートさせていただきますので、ご不明な点は必ずご質問ください。
Q.簡単に痩せられるのでしょうか?
A.毎日実践することで効果が期待できます。注意するべきことは、ヴィーナスラインは体重よりも体型やサイズを改善することに特化したプログラムであるということです。誰でも毎日食事をしますが、これを消費するための運動を毎日する人は人口の3%もいないのです。エネルギーの収支バランスが崩れているので、太るのは当たり前ですし、筋肉を鍛えていないので体型を維持できなくても仕方がありません。自分にできるレベルのことを毎日やれば結果が出るでしょう。
*BMI(体重÷身長^2で求められる体格指数)が22を下回るような痩せ方は推奨しておりません。
Q.今までダイエットが長続きしたことがないのですが、本当に続けられるのでしょうか?
A.ダイエットに限らず、誰でも新しい習慣を身に付けることは苦手です。これは脳がそのような性質を持っていることと、一方では毎日やっていることが多いということが理由です。新しい習慣を身に付けるためには、そのための時間を毎日の中に組み込まなければならず、仕事を含むスケジュールがパンパンの方ですと、時間の捻出ができないために継続ができないのです。それを変えるためには、何らかの方法で最低4週間は毎日運動を継続するのが一番です。ところが、それが難しいですよね?そこでヴィーナスラインではサポートサービスによってフォローしていきます。何でもご相談いただくだけではなく、「本日のトレーニング終了しました」というような報告にもお使いください。適宜スタッフがコメントをお返しします。
Q.目に見えるような効果は、どれくらいの期間で表れますか?
A.ありません。もちろん、個人差はあるので食事の内容や取り方に改善すべき点があるなら改善すべきです。そのためのサポートも行います。大事な最短で3日でしょうね。トレーニングの強度と回復のレベルにもよりますが、反応が良い方ですと1週間以内に何らかの体感や気付きを得られます。しかし、そうした一時的な効果を求めると習慣化する前に運動を中断してしまいかねません。このような方は必ずリバウンドし、エイジングに伴いどんどん望ましくない体型や体質になっていくのでご注意ください。大事なことは最低4週間かけてプログラムの実践を習慣化することです。そう言った意味では4週間を一つの目安として考えてください。
Q.週にどれくらい行えばいいですか?また、時間はどのくらい行えばいいですか?
A.実践は基本的に毎日行っていただきます。YOGAでは、満月と新月、生理の期間中には行わないという教えがあるようですが、ヴィーナスラインでは毎日行っていただきます。時間は最低1分以上です。誰にでも時間的に心理的に体力的に「できる日」と「できない日」はあります。当然、それに従わなくてはなりません。無理をすると長続きできませんからね。もし、食事をあまり食べないようなことがあれば、その時は運動を減らしても良いでしょう。そうした特別な日を除けば、最低1分以上は「ややきつめ」の運動を実践なさってください。色々な面で余裕がある時には10分以上頑張ってみましょう。
Q.道具は必要なのでしょうか?
A.特別な道具は不要です。椅子やテーブルなど安定した家具を使うことはありますし、他のフィットネス用具を使うことも有効ではありますが、ヴィーナスラインでは特別にはご紹介しておりません。もし、既にご購入の関連用具等がございましたら、それらの正しい使い方もお教えしますので、どうぞご遠慮なくご質問ください。一緒に頑張って取り組みましょう。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文