もし、あなたが次のようなタイプであれば、真っ先に身につけておいた方が良いスキルの1つは「目標設定スキル」です。

・現状に満足していない方 ・もっと自分を成長させたい方 ・自分の可能性を信じている方

この目標のジャンルは何でも構いません。私のメソッドを使えば(講習を受けて理解できれば)、ジャンルを問わず必ず成果が現れます。スポーツでも、音楽でも、芝居でも、仕事でも、資格試験でも…どんなことにでも適用できます。

ここで、30人程度の比較的体の硬い(柔軟性の乏しい)若者達に「柔軟性を高める」という目標を設定してもらい、約20分のレクチャーを行った事例をご紹介しますね。彼らに対して行った指導には専門的知識と技術は必要ですが、ここで重要なことは「本人に目標を設定させてそれを解決するための具体的な課題を考えさせて実践してもらうこと」です。

それさえできれば、このようなことが簡単に起きてしまいます。

【立位体前屈Before】

【立位体前屈After】

手取り足取りでパーソナル指導するなら当たり前のことですが、多人数を相手にちょっと教えるだけでもこれ程に違いが出るものです。

しかし受講する側に理解力や目標設定スキルが無ければ、効率は悪くなったでしょう。良いコーチングを受けるとどんなパフォーマンスでも必ず向上します。あなたには良いコーチはついていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新イベント情報

イベントカレンダー

6月 2018
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
« 5月   7月 »

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る