Q . 森部先生質問です。
私は宅トレにはまっている20代男性です。肩幅を広くしたくて、肩を中心にダンベルで追い込んでいるのですが、最近肩のトレーニングをした後に筋肉痛がきません。筋肉痛がこなくてもトレーニングにはなっているのでしょうか?

A . ご質問ありがとうございます。
「筋肉痛=善」という価値観を捨ててください。

筋肉痛にならなくなったのは…
・その種目に慣れた
・その負荷に慣れた
ことが理由であり、言い換えると…
・その技術(トレーニングフォームや動作)が上達した
・そのトレーニングに動員される筋群が強化された
ということです。

軽量ダンベルを使用したトレーニングでは特に重要になってくるのが、
ウエイトを持ち上げた側の最大可動域を「反動」や「瞬発力」を使わず
に少しずつ拡げて行くことです。

そこを意識してウエイトを増やす前にまず、
・反復回数を50回まで増やす
・スピードコントロールを低速から中速位の範囲で行う
ようにしてください。

それが楽にできるようになってきたら…
・セット数を増やす
・重さを増やす
・腕立て伏せ等別のエクササイズと連続したセットで行う
といった方法をお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新イベント情報

イベントカレンダー

9月 2017
« 8月   10月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る